通販で家電を購入リサイクル料金や手続きはどうするの?

通販で家電を購入した際の家電リサイクル法の手続きについて

家電リサイクル法の手続きと費用について

家電リサイクル法対象のテレビとエアコン

地上波放送のデジタル化の際に買い替えが行われたり、ハイビジョンや4K放送など、製品の寿命以外で買い替えも多い関係で、テレビが家電リサイクル法の対象であることは皆さんご存知だと思いますが、
リサイクル料金がテレビごとに異なっている事はご存知でしょうか、ほぼすべてのメーカーが「ブラウン管テレビの15型以下が1296円、16型以上が2376円」、「液晶、プラズマテレビが15型以下が1836円、16型以上が2916円」となっています。
一方、さほど取り替えない為に、家電リサイクル法である対象とあまり認知されていないエアコンですが、全てのエアコンが対象なわけではありません。
対象は「家庭用のエアコン」で、ビル用の大型のはめ込み式の物や工場などで使われている冷風機などは家電リサイクル法の対象外です。
エアコンのリサイクル料金は、メーカー毎に異なり、972円から2041円程度となっています。

家電リサイクル法対象の冷蔵庫と洗濯機

家電リサイクル法対象の一覧を見ると冷蔵庫と書かれていますが、実は冷凍庫も同じように対象家電で、区分け的には「冷蔵庫、冷凍庫」となっています。
「冷蔵庫、冷凍庫」の家電リサイクル法の対象商品は、意外な物も含まれており、ワインセラーや商品名で言えば電子冷蔵庫とよばれる小型冷蔵庫も対象に含まれているので、買う際にはチェックが必要です。
「冷蔵庫、冷凍庫」のリサイクル料金はサイズによって変わり一般的な日本メーカーの商品では「170リットル以下が3672円、171リットル以上が4644円」となっています。

洗濯機も洗濯機だけが家電リサイクル法の対象だと思われている事がありますが、衣類乾燥機も対象なので、正確には「洗濯機、衣類乾燥機」という分け方になっています。
リサイクル料金は区分けなどはなく、「日本メーカーの製品は2592円」程度です。


この記事をシェアする